HOME>記事一覧>できるだけ傷跡を残さずにきれいに消す技術

それぞれに合う治療方法を選ぶ

刺青

今や日本でもタトゥーに抵抗を感じない人が増えていますが、一度入れると簡単に消すことはできないものでもありますので後悔することのないよう入れる前にはよく考えておきたいところです。タトゥーを入れたものの、入浴施設やプールが使えない、就職の際に不利になるなどの理由で除去を希望する人は少なくありません。自宅で消すのは困難ですので、東京でタトゥー除去を行うなら美容外科や美容皮膚科などの医療機関に相談してみましょう。入れている範囲や、使っている色はそれぞれ違いがありますのでどのような方法が最適かを選んでいく必要があります。

一度で消せる場合も

タトゥー除去

タトゥー除去には長い期間が必要というイメージもありますが、比較的小さなものであれば、一度の施術で完全に消せる場合もあります。東京でも多くのクリニックで行われている方法ですが、タトゥーのある部位の皮膚を切除し、その後にきれいに縫い合わせるという方法です。傷跡は残りますが、タトゥーは完全に消すことができます。メスを使わない方法ではレーザーが人気です。かつては黒や青色などにしか有効ではないとされていましたが、最近はピコレーザーという薄い色や明るい色に対応できるマシンを導入するクリニックも増えてきました。タトゥー除去は消すだけではなく、できるだけ傷を残さずきれいに仕上げることも大事ですので、東京で治療を受ける際はクリニックの評判はよく確かめておきましょう。

広告募集中